高く売りたい方へ
-仲介売却-

  • ホーム
  • 高く売りたい方へ -仲介売却-

お持ちの不動産を「できるだけ高く」売りたい方へ

所有している不動産を売却して現金化する方法はさまざまです。そんな中でも、もっともスタンダードかつ高額で売りやすい方法と言えるのが「仲介売却」です。仲介売却は売主様と買主様の間に不動産会社が入って売却する方法で、不動産会社に販売活動を任せられるという大きなメリットがあります。

こちらでは、足立区西新井・竹ノ塚エリアで不動産売買をサポートしている不動産会社「ハウスドゥ!西新井西店」が、「不動産をできるだけ高く売りたい」という方におすすめする仲介売却についてご説明します。

こんなお悩みはございませんか?
  • 子どもが成長したため、家が手狭になった
  • 相続した不動産があるものの県外に住んでいて管理できない
  • 親と同居する予定があるため、大きな家に住み替えたい
  • 長期の転勤が決まったため持ち家を何とかしたい
  • 通勤、通学にもっと便利な場所に引っ越したい
  • 離婚が決まったため、家を処分したい

仲介売却とは?

仲介売却とは?

不動産を売却する方法を大きく分けると「仲介」と「買取」の2種類になります。特にスタンダードな売却方法と言えるのが仲介売却です。売主様と買主様の間を不動産会社が取り持って売買契約を成立させるため「仲介」と言います。

仲介売却とは?

仲介売却は、不動産会社に物件を査定してもらったうえで売却の依頼をすることから始まります。売主様と買主様の間に不動産会社が入って販売活動を担当するため、専門的な知識が必要な法律や土地の条件なども踏まえた価格を算出することができます。

希望する条件に合う買主様が見つかった場合、売却が完了した時点で売主様は不動産会社に成功報酬として仲介手数料を支います。

仲介売却のメリットと
注意点について

仲介売却は高く売りやすいもっとも一般的な方法ですが、メリットだけではなく注意点もあります。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

メリット 注意点
  • 売却活動をすべて不動産会社に任せられる
  • 希望条件に近い価格で売却できる
  • 現金が手に入るため賃貸よりリスクが少ない
  • 不動産の価格を自分で決められる
  • 物件が売れるまでに時間がかかる
  • 広告などを出すと近隣に知られることがある

媒介契約の必要性と種類について

媒介契約が必要な理由とは

媒介契約が必要な理由とは

「媒介契約」とは、仲介売却の際に不動産会社と取り交わす契約です。この契約には、不動産会社が行う売却活動のほか、契約期間や仲介手数料といった条件が記載されています。そのため、あとあとのトラブルを防止して売主様を守ることにつながります。

媒介契約の種類

※表は左右にスクロールして確認することができます。

  メリット デメリット
(注意点)
一般媒介契約 複数の不動産会社と同時に契約を結べる方法で、多くの情報を流しやすくなります。 レインズへの登録が必須ではなく検索しづらくなるほか、立地条件によっては見てもらえないこともあります。
専任媒介契約 不動産会社は1社としか契約を結ぶことができないものの、責任を持って取り組んでもらえる方法です。 不動産売却のための販売活動はすべて契約した1社に頼ることになり、他社のサービスは使えません。
専属専任媒介契約 不動産会社は1社としか契約を結ぶことができないものの、責任を持って取り組んでもらえる方法です。 売主様は自分で買主様を見つけることができず、不動産会社に任せる必要があります。

Pick up

REINS(レインズ)への登録について

REINS(レインズ)への登録について

「REINS(レインズ)」とは全国の不動産会社が共通で使用しているデータベースの名称で、全国の物件情報が登録されています。売主様が不動産会社に依頼した物件の情報は必ずREINSに登録されることになっており、そうした情報はネットワークで集約されて全国どこからでも確認できます。

以前であれば物件情報を調べるために不動産会社を何件も回らなければなりませんでしたが、現在では全国どの不動産会社からでも簡単に必要な物件情報を検索できるようになっているのです。