売却後も住み続けたい方へ
-リースバック-

  • ホーム
  • 売却後も住み続けたい方へ-リースバック-

売却しても住み続けられる
リースバックとは?

住宅ローンが支払えなくなってしまったり、急に大金を用意しなければならなくなってしまったりした場合、不動産売却が選択肢になることがあります。家賃収入を得るための賃貸物件ならいいのですが、住んでいる住宅を売却してしまうと資金は捻出できても住む場所がなくなってしまいます。このような場合に活用できるのが、売却しながら住み続けられる「リースバック」です。

こちらでは、足立区西新井・竹ノ塚エリアで不動産売却をサポートする「ハウスドゥ!西新井西店」が、リースバックについてご説明します。

こんなお悩みはございませんか?
  • 住まいを売却してローンを返済したいが、住む場所がなくなる
  • 不動産を現金化したいものの引っ越しができない状況
  • 不動産を売却したいが仕事の事情で引っ越せない
  • 老後の蓄えのために住まいを売りたいが思い入れがあるため離れたくない

リースバックとは?

リースバックとは?

リースバックとは、正式名称を「sale and leaseback」と言い、賃貸借契約付き売却を指します。現在住んでいる物件を売却し、リース料を支払うことでそのまま住み続けられるという売却方法です。

所有している自宅などの不動産をまずは不動産会社へ売却し、不動産会社から物件を購入した買主様にリース料を支払って住み続けることになります。さらに、条件によってはもともとの所有者が物件を買い戻すことも可能です。

リースバックのメリットと問題点

※表は左右にスクロールして確認することができます。

メリット デメリット
  • 引っ越しをする必要がない
  • 不動産の現金化が早い
  • 近所の人に売却したことが知られない
  • 子どもの学区が変わらない
  • 将来的に買い戻すことができる
  • リース代が家賃相場より高くなりがち
  • 売却額が相場より安くなりがち
  • 買い戻す際の価格が売却額より高くなることが多い

リースバックの活用事例

資金の確保

老後の蓄えを作っておきたい場合など、大金が必要になったり資金調達をする必要があったりした場合などに活用できます。

住宅ローンの返済

住宅ローンの返済が滞ってしまい、競売にかけられてしまいそうになった場合にリースバックを利用すれば住み続けることができます。

不動産の買い替え

不動産を売却し、その資金で新しい不動産を購入したいという場合にもリースバックを活用できます。

リースバックの事例はこちら

お客様一人ひとりの状況をじっくりとお聞きします

お客様一人ひとりの状況をじっくりとお聞きします

不安のある今こそ「ハウスドゥ!西新井西店」へご相談ください

不動産を現金化しながらも住み続けることができるのが魅力のリースバック。活用するためには、不動産会社によるサポートが必要になります。

足立区西新井・竹ノ塚エリアで不動産売却をサポートする「ハウスドゥ!西新井西店」では豊富な実績や知識から、お客様のご要望に合わせたご提案をさせていただきます。もちろん、リースバックのご要望にもお応えできますので、所有する不動産についてのお悩みがありましたらお気軽にご相談ください。