ローン返済でお困りの方へ
-任意売却-

  • ホーム
  • ローン返済でお困りの方へ-任意売却-

ローンの支払いでお困り方は任意売却をご検討ください

住まいを購入する際に多くの方が活用する「住宅ローン」は、毎月一定額を返済しなければなりません。しかし、生活の変化などさまざまな要因によって返済が滞ってしまう場合、すぐに返済できれば問題ありませんが、滞納が続くと不動産が競売にかけられてしまうことがあります。

不動産が競売にかけられてしまった場合、売却額を仲介売却と比較するとかなり下がってしまいます。ローン返済が滞っているような状況で、不動産の売却額まで安くなってしまうのは大変です。このような事態に陥ったときにおすすめするのが、
不動産を競売にかけられてしまう前に市場価格に近い金額で売却できる「任意売却」です。

こんなお悩みはございませんか?
  • 住宅ローンが支払えなくなって滞納が続いている
  • 住宅ローン滞納によって銀行から督促状が届いた
  • 不動産の競売を開始する通知が届いた
  • 住まいが差し押さえられてしまった

任意売却とは?

任意売却とは?

住宅購入の際、多くの方は住宅ローンを利用しますが、住宅ローンを利用して購入した不動産には「抵当権」という権利がつけられているのをご存じでしょうか。これは、支払いが滞った場合に金融機関が不動産を差し押さえて競売にかけられる権利を指します。そのため、ローンの返済が滞ると不動産が競売にかけられる可能性があるのです。なお、競売による売却額は、市場価格より大幅に低下してしまいます。

「任意売却」とは、ローンを滞納してしまった状況でも競売にかけられる前に不動産を売却できる不動産売却方法です。任意売却を利用すれば、市場価格に近い価格で不動産を売却することが可能です。

任意売却のメリットと問題点

※表は左右にスクロールして確認することができます。

メリット 問題点
  • 市場相場に近い価格で売却できる
  • 引っ越し費用などを捻出できる可能性がある
  • 滞納を近隣の人に知られることがない
  • 身内が購入すれば住み続けることもできる
  • 任意売却できない可能性がある
  • 不動産売却の手続きをする必要がある
  • 不動産会社次第で対応が大きく変わる

任意売却に移行できる期間

任意売却にはタイムリミットがあり、ローン滞納5ヶ月以上になると競売が開始されて強制立ち退きとなり、任意売却ができなくなりますので注意が必要です。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

滞納の時期 状況
滞納前 住宅ローンの支払いが滞ってくる
滞納
3ヶ月以内
滞納が続くことで、金融機関から督促状が届く
滞納
4ヶ月以内
競売開始の通知が届く
滞納
5ヶ月以内
競売の準備がはじまる
滞納
5ヶ月以上
競売開始(任意売却不可)
競売と任意売却の違い

競売にかけられてしまう前に任意売却を選択することで、競売にかけられてしまった場合と比較して多くのメリットが得られます。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

  任意売却 競売
売買価格 市場価格に近い価格で売却できる 売却基準価格が時価の約70%に、入札はさらに20%下回る
剰余金 引越し費用や生活費用として手元にお金を残せる 売却代金は債権者への支払いに充てられるため残らない
引越し 引越し時期など要望に合わせてもらえる可能性がある 強制退去させられる可能性もある
残債務 金融機関と交渉が可能 自分で処理する必要がある
プライバシー 近隣の住人に知られることはない 物件が新聞やチラシに掲載される
生活再建 生活を立て直しやすい 負担が大きく再建までに時間がかかる

「出来るかぎり、近所の人に知られたくない…」

「出来るかぎり、近所の人に知られたくない…」

当社はご希望のお客様へお宅訪問も対応します

住宅ローンの返済でお悩みの方で、「相談するのは気まずいから」とためらってしまう方は少なくありません。そのため当社では、店舗でのご相談のほか、お話しやすいご自宅でのご相談にも対応しております。
住まいが競売にかけられてしまうと、デメリットは住まいを失うことだけではありません。住宅ローンが残ってしまったり、家族に心理的ダメージが残ってしまったりと、多くの問題が生じてしまいます。

任意売却で可能な限り有利な条件で不動産を売却するなら、すぐに行動に移すスピード感が必要です。ローン滞納によって督促状や競売通知の書類が届いたら、できるだけ早くハウスドゥ!西新井西店までご相談ください。